就活でいうコミュ力って?―Vol.2―

こんにちは♪

オファクロ運営事務局のナナです☆

 

前回は就活で使う

コミュ力に必要な

「話す力」について詳しく書きました。

 

「話す力」とは

相手に「自分の考えを伝える力」。

限られた時間の中で

いかに「必要なことを最小限の言葉で伝える」

できているか、という重要なポイントでしたよね。

 

今回は残り2つのポイントである

「聞く力」と「読む力」について

詳しく書いていきますね~

 

 

まず、「聞く力」とは

相手の顔と表情を見ながら、

相槌なども加えて、

興味を持って話を聞くことです。

 

こういった反応を示して、

相手に「ちゃんと聞いてますよ~」と合図をするだけで

相手は気持ちよく話すことができます。

 

皆さんの周りに、聞き上手の友達はいませんか?

その人と話してるときのリアクションを

少し思い出してみてください (´・ω・`).。o○

 

その人は、あなたの話を聞いているとき

笑顔で 「うん、うん」と言いながら

最後まで聞いてくれていませんか?

 

 

まさにこれが「聞く力」です。

あなたが話していることを

そっけなく、リアクションもしない人より

最後まで笑顔で聞いてくれる人の方が

話しやすいですよね?

 

これを、就活の面接でも

活かすと、面接官にも気に入ってもらえますよ(-ω☆)キラリ

 

 

 

三つ目の「読む力」

これは相手の話していることや、

質問の意図を理解すること です。

例えば・・・

 

もしあなたが初対面の人と二人きりで

部屋で待っていたとき、

「今日はいい天気ですね~」

と話しかけてきたら、どう思いますか?

 

その人は、単純に天気の話をしたいのでしょうか?

それとも、なんでもいいから

会話を始めるきっかけがほしいのでしょうか?

どっちだと思いますか?

 

おそらく、後者の「話すきっかけがほしい」

と思ってる人が多いと思います。

話の意図を意識して答えるのと、

単純に「いい天気だな~」と思って

答えるのとでは、その後続く会話が違ってきますよね?

 

今度は面接の例を一つ出してみます。

面接官「あなたは周りからどのような人だと言われていますか?」
×「元気で明るく友達が多いと言われています!」
○「どんな集団の中でも主体的に行動できる人物だと言われております。」

 

この例で面接官は

あなたが集団生活の仲でどのような役割を担っているか

を知りたいのです。

 

こうやって、相手が本当に伝えたいことを

理解する事によって、

面接や社会に出てから自分に降り掛かってくる質問に

的確に答えることができるようになってきます。

 

今回2回に分けて書いてきたコミュ力。

キーポイントは3つ!

「話す力」

「聞く力」

「読む力」

 

私達は日常的に

このスキルを使っていると思います。

でもこれをビジネスで使えるようになれば

面接の成功率が上がります!

 

今自信がなくても、大丈夫です。

就活が始まるこのタイミングで

色々なサービスを利用してみてください。

 

トレジャー・トレーディングでも

CRYTESという就活生サポートを

無料で提供しています!

 

前回も紹介しましたが、

CRYTESでは面接対策、

グループディスカッション対策もやっています!

今からでも間に合います☆

 

是非一回、サイトを見てみてください♪

http://www.treasure-t.co.jp/crytes

 

それではまた!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA